健康・福祉

筑西市公共施設休館の判断基準

 市公共施設の休館等の判断基準については、以下のとおりです。

 

休館の場合

 

    国または県により緊急事態宣言(※1)が発令された場合(※2)、もしくは、新規陽性者数が国指標のステージ4(※3)に該当した場合(※4)は、市公共施設を休館とします。

    また、次の3つの条件のうち、2つ以上に該当した場合も、市公共施設を休館とします。

(1)市内の飲食店等(※5)でクラスターが発生した場合

(2)市内における1週間の感染者数が合計で20人を超えた場合

(3)庁舎、小中学校、保育園等を除く市公共施設において1週間に3か所以上で感染者が確認された場合

※1)これに準ずる要請

※2)緊急事態宣言解除までの期間

※3)人口10万人対/週:25人以上

※4)概ね2週間

※5)カラオケ店、スポーツクラブ、インターネットカフェなど

 

 利用制限の場合

 

(1)国または県の感染症拡大対策(市町村への要請内容等)に準ずる対応とします。

(2)その他、担当部署の判断により利用制限を行う場合があります。

 

一時閉館の場合

 

    公共施設を利用した方の感染が確認された場合には、利用した施設を一時閉館し、消毒(換気)を行ったあとに開館することとします。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 

メールでのお問い合わせはこちら