健康・福祉

風しんにおける抗体検査および予防接種のご案内について

風しんの予防接種を受ける機会のなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性へ風しんにおける抗体検査および予防接種のご案内をお送りしました。

なお、抗体検査は、市や職場の健康診断、厚生労働省ホームページ(風しんの追加的対策専用ページ)に掲載されている全国の協力医療機関で受けることができます。

市内の協力機関については、下記の協力医療機関の一覧をご参照いただき、事前に医療機関に連絡をしてから抗体検査を受けてください。

また、筑西市へご転入された人は、再発行の手続きをいたしますので、健康増進課(TEL0296-22-0506)までご連絡ください。

 

風しんとは

風しんは、風しんウイルスの飛沫感染によって人から人へ感染する感染力の強い病気です。

感染してから発病までの潜伏期間は2から3週間で、軽い風邪症状ではじまり、発しん・発熱・後頸部リンパ節の腫れなどが主な症状です。その他、眼球結膜の充血もみられます。

特に、妊娠中の女性が風しんに感染すると、心疾患、白内障、聴力障害など(先天性風しん症候群)の子どもが生まれる可能性が高くなります。

 

風しんについて、詳しくは下記のリンク先をご参照ください。

厚生労働省ホームページ(風しんについて)

国立感染症研究所ホームページ(風疹とは)

 

 

 

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

筑西市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?