くらし・手続き

平成31年4月から国民年金保険料の産前産後期間の免除制度が始まりました。

産前産後期間の国民年金保険料免除制度

平成31年4月から国民年金第1号被保険者が出産を行った際には、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除される制度が始まりました。

※国民年金第1号被保険者とは、自営業・自由業・農林漁業・学生・フリーアルバイター・無職の方などで、20歳以上60歳未満の方をいいます。

免除期間

出産予定日又は出産日が属する月の前月から4か月間の国民年金保険料が免除されます。
多胎妊娠の場合は、出産予定日又は出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。
なお、免除が認められた期間については、保険料を納めた期間として扱われます。

※出産には、妊娠85日(4か月)以上の死産・流産・早産された方も含みます。

対象者

国民年金第1号被保険者で出産日が平成31年2月1日以降の方。

届出時期

出産予定月の6か月前から届出(申請)することができます。

届出(申請)先

筑西市役所市民課または各支所
※川島出張所では取り扱っておりませんのでご注意ください。

手続きに必要なもの

<被保険者本人または住民票上同一世帯の方が届出する場合>

  1. 被保険者本人の年金手帳等の基礎年金番号が確認できるもの、またはマイナンバーカード等のマイナンバーが確認できるもの(マイナンバーが確認できるものについては、被保険者本人が来庁する場合に限る)
  2. 来庁する方の本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード等)
  3. 来庁する方の印鑑(被保険者本人が来庁する場合は不要)
  4. ◎出産前に届出する場合:母子健康手帳等の出産予定日を明らかにすることができる書類
    ◎出産後に届出する場合:出産日は、市役所で確認できるため原則不要。
                 
    ただし、被保険者本人と子が別世帯の場合は、出生証明書等の
                出産日を明らかにすることができる書類及び戸籍謄(抄)本等
                の親子関係を明らかにすることができる書類

<住民票上同一世帯以外の方が届出する場合>

 上記1〜4に記されたものに加えて委任状

詳細は、以下の日本年金機構のホームページでもご確認いただけます。

 日本年金機構のホームページへ(新しいウインドウで開きます)

 

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎1階 

電話番号:0296-24-2101

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

筑西市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?