1. ホーム
  2. くらし
  3. 健康・福祉
  4. 新型コロナウイルス関連情報
  5. 臨時地域外来検査センター下妻・筑西・桜川・八千代の設置について

健康・福祉

臨時地域外来検査センター下妻・筑西・桜川・八千代の設置について

新型コロナウイルス感染症のまん延を防止するため、真壁医師会の協力により、ドライブスルー方式の新型コロナウイルス感染症検査(LAMP法)を行う「臨時地域外来検査センター下妻・筑西・桜川・八千代(以下「検査センター」)を令和2年11月15日から設置します。なお、これまで夜間休日一次救急診療所が行ってきた検査体制は、当検査センターが引き継ぎます。

検査方法は、結果判明まで1~2日を要するPCR法から原則当日に結果が判明するLAMP法に変更して検査を行います。

LAMP法とは、PCR法と同じく検体からRNAを検出する検査方法で、PCR法に比べ増幅効果が高く、短時間で検査ができます。

1 対象者

筑西市、桜川市、下妻市、八千代町のかかりつけ医(※)の患者のうち医師(※)により検査が必要と判断された方

※真壁医師会に所属する検査センターに登録した医療機関(新しいウインドウで開きます)

 

2 検査日時

検査実施日時:毎週 火曜日、木曜日、土曜日 午後1時30分~午後3時30分

予約受付時間:月曜日から土曜日 午前9時~午後4時30分まで

 

3 検査の流れ

(1) 感染の疑いのある方は、筑西市、桜川市、下妻市、八千代町のかかりつけ医(登録連携医療機関)を受診し、医師が検査の必要があると判断した場合、医師が検査センターに検査予約します。

なお、個人が直接、申込むことはできません。

(2) 予約日時に車で検査センターに行き、検査センターの医師が車外から検体を採取します。

(3) 検体検査は民間検査機関が実施します(結果判明は検査当日の夕方)。

(4) 検査結果は検査センターから紹介元医療機関に連絡し、紹介元医療機関が結果をお伝えします。

 

4 検査人数

1日当たり20人まで

 

5 場所

筑西市玉戸1658番地内(旧筑西市民病院跡地)

※紹介患者のみの受付となりますのでご注意ください。

 

 6 運営

筑西市臨時地域外来検査センター(協力 一般社団法人真壁医師会)

 

 7 その他

検査は保険診療で実施します。感染防止の観点から接触を避けるため、検査料等の支払いは後日となります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは地域医療推進課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

筑西市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る