1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 保険・年金>
  4. 国民年金保険料免除申請のご案内【令和元年台風19号による水害等で被災した国民年金第1号被保険者の方向け】

くらし・手続き

国民年金保険料免除申請のご案内【令和元年台風19号による水害等で被災した国民年金第1号被保険者の方向け】

天災による特例免除について

 国民年金第1号被保険者(※1)の保険料については、災害等で大きな被害(住宅、家財その他の財産について、おおむね2分の1以上の損害)を受けたことによって保険料の納付が困難な場合、申請して承認されると保険料の全額が免除される制度(特例免除)があります。

※国民年金第1号被保険者とは、自営業者・農林漁業者・学生・フリーアルバイター・無職の方などで20歳以上60歳未満の方

申請に必要な書類

  1. 国民年金保険料免除・納付猶予申請書

  2. 国民年金保険料免除・納付猶予申請に係る被災状況届
    「被災状況届」は、被災による損害状況(財産等におおむね2分の1以上の損害があること)を確認するため、財産等の金額及び損害額等の必要事項を記入してください。

  3. 罹災証明書、または被害農林漁業者等と認定された被害認定書の写し
    罹災証明書等により損害の程度が確認できる場合は、「被災状況届」の提出は不要です。

  4. 保険金・損害賠償金等の支給金額等を確認できる証明書の写し
    保険金・損害賠償金等が支給される場合は必要となります。

  5. 代理で申請される場合は、被保険者からの委任状及び被保険者本人の印鑑(シャチハタでないもの)

お問い合わせ・提出先

 筑西市役所市民課年金担当【電話:直通0296-24-2101】
 または
 下館年金事務所国民年金課【電話:代表0296-25-0829】

 ※郵送による提出も可

免除期間等

 災害等を理由とした免除は、災害等が発生した日の属する月の前月分から翌々年の6月分までの期間の保険料が対象となります。このため、今回の災害により免除が承認される期間は、令和元年9月分から令和3年6月分までの期間の保険料となります。
 なお、免除申請は年度(免除の場合は7月〜翌年6月が1年度)単位で行っていただく必要がありますので、令和2年7月分から令和3年6月分までの期間の免除は、令和2年7月以降に改めて申請いただく必要があります。

追納(後から免除を受けた保険料を納付すること)について

 保険料が免除された期間は、10年以内の期間であれば、後から保険料を納付すること(追納)ができます。追納することにより、将来受け取る年金額を増やすことができます。
 なお、追納する場合、追納する保険料額は免除された当時の保険料額に経過期間に応じて決められた額が加算される場合があります。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎1階 

電話番号:0296-24-2101

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

筑西市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る