1. ホーム
  2. 部課長ブログ>
  3. 2019年>
  4. 2019年1月23日 しもだて美術館副館長 増田 満のブログ

部課長ブログとは

筑西市役所の部長や課長が、担当業務や行政情報など、市の魅力を発信するページです。
どうぞお気軽にご覧ください。

2019年1月23日 しもだて美術館副館長 増田 満のブログ

『増田1』の画像

 寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしですか?
 筑西市教育委員会しもだて美術館副館長の増田です。
 今回は、こんな季節におすすめの展覧会をご紹介します。

 

 

 

 

しもだて美術館企画展「岩合光昭写真展 ほっこりネコ」

『増田4』の画像岩合光昭(いわごう みつあき)さんといえば・・・ここで改めて紹介するまでもなく、世界の名だたる動物写真家のおひとりですね。岩合さんは、地球上のあらゆる地域をフィールドに野生動物や大自然を撮影し続ける一方で、身近な動物であるネコの撮影をライフワークとし、日本全国はもとより世界各地のネコの取材を続けています。

その活動は、NHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」の放送によって幅広く知られるようになり、今や、ネコといえばイワゴウミツアキといわれるほどの人気です。

「ネコが幸せになればヒトが幸せになり、地球が幸せになる」と語る岩合さんの作品には、ネコと平和を愛してやまない写真家の優しさが満ちあふれています。

この展覧会では、陶芸の町として知られる茨城県笠間市など、日本各地の「やきものの里」に暮らすネコたちのすがた159点のほか、「よこはま動物園ズーラシア」の22点もあわせて展示しています。

ゆったりとした時間が流れるなつかしい日本の情景のなかで、ヒトと寄り添いながらおだやかに暮らすネコたちのすがたに、ほっこりとした温かい気持ちになってください。

 

■展覧会関連イベント

3/2(土)に「岩合光昭トークショー&サイン会」を、また、展覧会会期中は、ご自慢のペットの写真を美術館特設コーナーに掲示できる「お宅のポチ・タマ募集します」も開催します。

『増田3』の画像

 

■岩合光昭写真展の会期・入館料

3/3(日)まで・月曜休館(2/11は開館し翌日休館)・入館料は600円/高校生以下無料

詳しくは、しもだて美術館ホームページhttp://www.shimodate-museum.jp/をご覧ください

 

展覧会とご一緒に

この時期に筑西市周辺開催される「筑西雛祭り ひなめぐり2/9~3/3」や「真壁のひなまつり2/4~3/3」「筑波山梅まつり2/16~3/21」「真岡、益子のいちご狩り(5月中旬まで)」もおすすめです。これらとあわせて、しもだて美術館にぜひお越しください。

 

追伸: もうひとつのおすすめ情報

毎週土・日曜日、祝日に下館駅から運行される「真岡線のSL列車(下館-真岡-益子-茂木)」もおすすめです。特に寒い季節にはSLから送られる暖房用の蒸気で客車内はぬくぬく。冬枯れの車窓とは別世界の汽車にゆられる小旅行も良いものです。私は『鉄』が高じて、真岡鐵道SL教室などのイベントもボランティアでお手伝いさせていただいています。黄色いヘルメットを被った姿を見かけたら、ぜひ声をかけてください。

『増田5』の画像

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはしもだて美術館です。

〒308-0031 筑西市丙372番地 

電話番号:0296-23-1601 ファックス番号:0296-23-1604

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

筑西市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る