1. ホーム>
  2. 観光・文化・スポーツ・学び>
  3. 観光>
  4. イベント>
  5. 秋のイベント>
  6. 鮭の遡上>
  7. 【よくあるお問合せ】鮭の遡上/五行川(勤行川)

観光・文化・スポーツ・学び

【よくあるお問合せ】鮭の遡上/五行川(勤行川)

 

筑西市内を流れる五行川(勤行川)における「鮭の遡上」について、お問合せが多い内容をまとめましたので、訪問のご参考にどうぞ!

 

Q.鮭の遡上が多い時期はいつごろですか?

勤行川(ごんぎょうがわ)では、例年11月上旬から鮭の姿が見え始め、11月中旬に遡上のピークを迎えます。その後は徐々に数が減り、12月の上旬ごろ遡上の季節が終わります。

(注)今年の遡上時期は例年より早かったようです。(11月15日現在)

※川の水温や水量によっても変わるため、あくまでも例年の傾向としてお考え下さい。

※鮭は冷水性の魚であるため、温暖化の影響を受け、年々遡上の数が減っているともいわれています。

 

Q.見学しやすい場所はどこですか?

おすすめは、筑西市立下館小学校の東にある「新橋(しんばし)」や、茨城県立第二高等学校の東にある「仙在橋(せんざいばし)」です。

特に仙在橋付近は、「勤行緑地(ごんぎょうりょくち)」として整備されているため、川の近くまで足を運べ、堰を越える鮭の姿を見られる場所としても人気の場所です。

「鮭おかえりな祭」とかかれた青いのぼりが目印です。

『勤行緑地1108』の画像 『勤行緑地1108−2』の画像

※見学の際は、周囲を走る車や足元に十分お気をつけください。

 

Q.鮭のリーフレットはどこでもらえますか?

筑西市で毎年作成している「鮭が帰ってくるまち筑西市」リーフレットは、市役所、市内公共施設、下館駅、ちっくんステーション(下館駅北口を出て右)などで配布しております。

また、「鮭を見にきませんか(2018)」ページの下部「関連資料」からPDF版をダウンロードもできます。川のマップも掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画課 企画グループです。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎4階 

電話番号:0296-24-2197

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る