1. ホーム>
  2. 行政>
  3. 行政のお知らせ>
  4. 【筑西市の観光推進に向けて】平成30年度 第2回筑西市観光資源調査・発掘協議会を開催しました

行政

【筑西市の観光推進に向けて】平成30年度 第2回筑西市観光資源調査・発掘協議会を開催しました

筑西市観光資源調査・発掘協議会
当協議会は、筑西市民、有識者等で構成され、筑西市の既存観光資源の洗練と新たな観光資源の発掘に向けた調査・検討を行い、観光客誘致の新たな取組みにつなげ、観光の振興、交流人口の増加を図っていくことを目的としています。
本年度は、昨年度洗い出しをした観光資源について、誰がどうするかを考え「筑西市観光推進のためのアクションプラン」に基づき行動に移していきます。
※ 当協議会事務局:JTB関東法人営業茨城南支店 及び 筑西市経済部観光振興課

 

平成30年度 第2回 筑西市観光資源調査・発掘協議会

 前回までに取り組んだプラン・取り組み予定だったプランについて、進捗状況の発表を行いました。

  • 歴史を中心としたルートづくりとスポット整備
    新たなスポットを発掘し、既存の散策マップを改訂・発行した。

  • 体験型観光の推進
    観光果樹園の開設に向け動き出した。

  • レンタサイクル・サイクルステーションの設置・駅前に集客力のある施設を設置
    公共交通利用促進・地域活性化のため、下館駅北口にマルチインフォメーションスペースとして「ちっくんステーション」をオープンした。今後、拠点と拠点を結ぶコミュニティサイクルについて下館駅を起点に整備していく予定。

  • 関係諸機関との連携推進
    全国報徳研究市町村協議会加盟自治体との連携で、北海道豊頃町と互産互生連携事業を行っている。豊頃町でこだまスイカ、梨の販売を行い即日完売の盛況であった。他の自治体との連携も視野に入れていく。

  • インバウンド対策の推進
    外国人有名ブロガーを招き、筑西市を取材いただき、情報発信をしていただいた。直接的なつながりを持つことができたため、今後も情報を提供していく。

  • 食資源のブランド化
    市内で食されているモロ(ねずみざめ)を使ったモロドッグの試作品を開発し、市外イベントで販売を行った。

  • 市内のまちづくり・観光振興団体との連携
    各団体が主催する4つのイベントを同時開催し、下館駅の協力も得て、下館駅周辺のにぎわいの創出、地域活性化、商工振興を図る。

  • 筑西市のイベントを体験できるメニューの開発
    筑西市のオンリーワンの絶景「ダイヤモンド筑波」を見にきていただいた方におもてなしを行い、市内滞在を促す仕組みづくりをする。

  • お土産の開発
    筑西市独自のグルメお土産を、道の駅オープン時に販売できるようなスケジューリングで開発を目指す。
    農産物を使った商品等の開発も進めていく。

今後はPDCAサイクルに落とし込み、動き出したものについては評価・課題を洗い出し、改善をしながら進めていく。

 

実施日時

 平成30年9月27日(木) 18:30~20:30

実施場所

 しもだて地域交流センターアルテリオ

 『筑西市観光資源調査・発掘協議会』の画像

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは観光振興課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-20-1160

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

筑西市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る