1. ホーム>
  2. 健康・福祉>
  3. 健康>
  4. 熱中症に気をつけましょう

健康・福祉

熱中症に気をつけましょう

熱中症の症状

このような症状があったら熱中症を疑いましょう

軽度:めまい、立ちくらみ、こむら返り(筋肉痛)、汗が止まらない

中度:頭痛、吐き気、体がだるい(倦怠感)、虚脱感

重度:高い体温、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐ歩けない、意識がない、けいれん

 

熱中症の予防法

暑さを避ける

・扇風機やエアコンで室温を調節する
・日傘や帽子で直射日光を避ける
・日陰の利用、こまめな休憩をとる
・通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する

 

体調管理に注意する

・こまめな水分補給をする
・こまめな体温測定(特に高齢者、幼児など)を心がける
・体調の悪い日は外出をできるだけ控える
・汗をかいたときには塩分の補給も忘れずに行う

 

熱中症になったときの処置

意識があり、反応が正常なとき

1.涼しい場所へ避難させる
2.衣服をゆるめ、身体を冷やす
3.水分や塩分を補給する

※ただし、水を自力で飲めない、意識がない、または症状が改善しない場合は直ちに救急車を呼びましょう!

 

意識がなく、反応がおかしいとき

1.救急隊の要請をする
2.涼しい場所へ避難させる
3.衣服を脱がせ、身体を冷やす
4.医療機関に搬送する

 

こんな人は特に注意!

高齢者

熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。
高齢者は暑さや喉の渇きに気づきにくい傾向があるので、室内でも熱中症になることがあります。
家の中にいると気温の上昇に気づきにくいため、室内に温度計を置き、喉が渇かなくてもこまめな水分補給を心がけましょう。

 

乳幼児

乳幼児は体温の調整機能が未熟なため、大人に比べ体温上昇が激しく、特に注意が必要です。
外出時は地面に近いほど気温が高くなるため、身長の低い幼児やベビーカーに乗せた乳幼児は、大人以上に暑い環境にいます。
暑い時間帯の外出は避け、普段から体調を観察し、ちょっとしたお子さんの変化に気をつけましょう。

大人でも戸外での業務や運動時は、筋肉で大量の熱が発生し、熱中症のリスクが高まります。
   命を守るために水分や塩分の補給をし、体を冷やすようにしましょう。

 

外部リンク

厚生労働省(熱中症関連情報) 

環境省「熱中症関連情報(暑さ指数、熱中症環境保健マニュアル、熱中症予防リーフレットなど)」

気象庁「熱中症から身を守るために(気温の予測情報、天気予報など)」

消防庁「熱中症情報(救急搬送状況など)」

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康づくり課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎2階 

電話番号:0296-22-0506

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

筑西市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る