1. ホーム
  2. 部課長ブログ>
  3. 2018年>
  4. 2018年2月21日 中核病院整備部長 相澤 一幸のブログ

部課長ブログとは

筑西市役所の部長や課長が、担当業務や行政情報など、市の魅力を発信するページです。
どうぞお気軽にご覧ください。

2018年2月21日 中核病院整備部長 相澤 一幸のブログ

みなさん、こんにちは。

中核病院整備部長の相澤一幸です。

今年度もあとわずかとなり、年度末に向け、季節の変わり目でもありますので体調管理には、十分気をつけてください。

今回は、当部で行っている10月開院予定の「茨城県西部メディカルセンター」のソフト事業についてふれてみたいと思います。

現在、取り組んでいる業務は、医療機器の購入や、条例・規約の整備、新しい病院の就業規則などの制度設計、医療情報システムの構築、院内保育所の整備、真壁医師会・法人・市民団体等への説明会、人材確保、筑西市民病院と県西総合病院の業務統合など多岐に亘っております。

『『『『両医療監と部長(2)』の画像』の画像』の画像』の画像

<水谷医療監・梶井医療監と>

 

◆茨城県西部メディカルセンターと2人主治医制について

茨城県西部メディカルセンターは、紹介状をお持ちの方中心の外来受診とし、2次救急や入院治療を必要とする患者さんを受け入れる急性期中心の病院になります。地域のかかりつけ医が「第1の主治医」、茨城県西部メディカルセンターが「第2の主治医」として連携することによる「2人主治医制」で地域のみなさんの健康管理・治療等に努めていきます。

     『二人主治医制(1)』の画像『二人主治医制(2)』の画像

 

◆筑波大学附属病院・自治医科大学合同茨城県西部地域臨床教育センター設置に伴う調印式

1月31日に筑波大学と自治医科大学合同による教育センターの調印式が行われました。茨城県西部メディカルセンターに教育センターが設置されることで、両大学から教員(医師)が派遣され、診療はもとより医学生や研修医に対する臨床実習・研修などの指導が行われます。病院で働く医師が増えることで病院が活性化され、地域医療の充実につながるなど、効果が期待されます。

『調印式写真』の画像

<教育センター調印式記念写真>

 

次に、茨城県西部メディカルセンターの「病院理念」「基本方針」をご紹介をさせていただきます。 これは、新病院の理事長予定者であります水谷医療監、病院長予定者であります梶井医療監を中心として県西総合病院、筑西市民病院の医療関係者も加わり、何度も協議を重ねて決定した、今後の茨城県西部メディカルセンター運営の根幹となるものです。

病院理念

『地域の中核病院として患者中心の良質な医療を提供します』

基本方針

1 地域医療のコントロールタワーとして保健・医療・福祉の連携を推進します。

2 地域の住民や医療機関に開かれた医療施設とします。

3 安全で心のこもった最善の医療を提供します。

4 地域災害拠点病院として災害に備えます。

5 健全で効率的な運営・経営を行います。

6 知識・技能向上のため研修に積極的に取り組みます。

7 職員は相互の理解と敬意に基づき組織の融和に努めます。

 

以上の理念・基本方針のもとで新しい意識を持って、地域住民のため、職員一同努力して行く所存ですので、今後ともご支援、ご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

『朝礼写真』の画像

 <朝礼の様子>

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは地域医療推進課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

筑西市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る