板谷波山年譜 (1/5)

1872(明治5)年

3月3日、茨城県真壁郡下館町(現、筑西市)に 生まれる。本名嘉七。生家は醤油醸造業の傍ら雑貨を商う旧家。

1885(明治18)年 13歳
3月、下館尋常小学校卒業。
このころ、陶器に興味を抱き筑波山麓の窯を尋ねるが廃窯、陶工から作品を見せられる。水戸、真岡へ丁稚奉公に出されるが、いずれも1週間と続かず家に戻る。

1887(明治20)年 15歳
上京、成城学校(陸士予備校)入学。

1888(明治21)年 16歳
陸軍士官学校受験、体格検査不合格で軍人志望断念。本郷の下宿付近の洋画家河久保正名の画塾に通う。

1889(明治22)年 17歳
9月、東京美術学校(現、東京藝術大学)彫刻科入学。岡倉天心、高村光雲らに学ぶ。生涯の友・新納忠之介(国宝彫刻修理の第一人者)と出会う。

1894(明治27)年 22歳
7月、東京美術学校彫刻科卒業。卒業制作「元禄美人」。
開成予備校で彫刻を、攻玉社中学校で図画を教授。

1895(明治28)年 23歳
瓜生岩子の媒酌により福島県河沼郡坂下町(現、会津坂下町)呉服商鈴木作平の三女まると結婚。
まるは日本画家跡見玉枝に師事、号玉蘭。新居を本郷森川町に構える。
当時、郷里の勤行川に因み、勤川と号す。

※本年譜は、『板谷波山 陶片が語る技とこころ』2009年、財団法人波山先生記念会 に掲載の「板谷波山年譜」(文責・小松久人(学習院大学))より一部を抜粋したものです

 つづきはこちら  1  >>    >>    >>    >>  

 「波山について」先頭に戻る



各ページに掲載されているデータ・記事・写真等の無断転載を禁じます。
Copyright(c) Itaya Hazan kinen-kan 2010. All Right Reserved.