健康・福祉

総合事業に係る過誤申立について

国民健康保険団体連合会(以下、国保連)で審査確定した内容に誤りがあった場合、保険者(筑西市)に「総合事業費明細書」の取り消しの申し立て(過誤申立)を行ってください。

過誤申立には、【通常過誤】と【同月過誤】があります。特別な事情がない場合は、【通常過誤】で申し立てを行ってください。

 

【通常過誤】

<概要>

該当者の給付実績を取り下げ、いったん実績をゼロにする申し立てです。再請求する場合は、国保連から「過誤決定通知書」が届いた後に再請求を行ってください。

 

<通常過誤の流れ(例)>

5月10日  「介護予防・日常生活支援総合事業費過誤申立書(通常過誤)」等を保険者(筑西市)に提出
5月中旬  保険者(筑西市)が国保連へ過誤の依頼
5月末   事業所は国保連から送付された「過誤決定通知書」を確認
6月10日 事業所は過誤処理が終了したことを確認したうえで、国保連へ再請求
7月末 国保連から再請求分の支払い

 

<提出書類>

(1) 介護予防・日常生活支援総合事業費過誤申立書(通常過誤)

  ※介護(予防)給付の過誤申立は、「介護給付費過誤申立書」を使用し、これまでどおり「介護保険課」に申し立て

   を行ってください。

(2)   訂正前の総合事業費明細書の写し

 

<提出期限>

毎月10日(10日が休日等にあたる場合は、その直前の開庁日)

 

<提出先> ※郵送可

筑西市地域包括支援センター

〒308-8616

筑西市丙360番地 筑西市役所 本庁舎 2階 

 

【同月過誤】

<概要>

返還等により過誤申立の件数が多く、事業所の運営に支障をきたす恐れがある等の事情がある場合は、保険者(筑西市)と協議・調整のうえで、過誤処理と再請求を同月に行うことができます。

【同月過誤】を希望する場合は、事前に「筑西市地域包括支援センター」(電話:0296-24-2115)までご相談ください。

 

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは地域包括支援センター 地域包括グループです。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎2階 

電話番号:0296-24-2115