1. ホーム
  2. くらし
  3. 健康・福祉
  4. 健康・福祉のお知らせ
  5. 子宮頸がん予防ワクチン(定期接種)

健康・福祉

子宮頸がん予防ワクチン(定期接種)

子宮頸がん予防ワクチンのキャッチアップ接種はこちら

 

子宮頸がん予防ワクチンについて

   日本では、毎年約1.1万人の女性が子宮頸がんにかかっています。子宮頸がんの多くは、HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が原因と考えられており、感染予防にはHPVワクチンが有効と言われています。

定期接種対象者

小学6年生~高校1年生相当の女子(令和5年度は、平成19年4月2日〜平成24年4月1日生まれ)
※接種時に筑西市に住民登録のある人のみ

接種期間

小学6年生の4月1日~高校1年生相当年度の3月31日

 

通知の発送について

対象者には令和5年4月に案内通知を送付いたします。なお、小学6年生は標準接種年齢に達しないことから、希望者のみに送付いたします。小学6年生で接種を希望される方は、健康増進課(0296-22-0506)までご連絡ください。

 

通知の内容

子宮頸がん予防ワクチン接種のご案内、厚生労働省リーフレット(概要版)、9価ワクチンについて、保護者が同伴しない場合の同意書、予診票1部

※接種時に同封の予診票をご使用ください。残りの予診票は、接種を受けた医療機関から受け取ってください。
※厚生労働省リーフレット(詳細版)をご覧になりたい方はこちら

接種回数・接種間隔

サーバリックス(2価)→3回接種

標準:1回目の1か月後に2回目、1回目の6か月後に3回目
最短:1回目から1か月以上あけて2回目、1回目から5か月以上かつ2回目から2か月半以上あけて3回目

 

ガーダシル(4価)→3回接種

標準:1回目の2か月後に2回目、1回目の6か月後に3回目
最短:1回目から1か月以上あけて2回目、2回目から3か月以上あけて3回目

 

シルガード9(9価)→2回または3回接種

  • 1回目接種日の年齢が15歳未満:2回(医師の判断により3回接種も可能)
    標準:1回目の6か月後に2回目(最低5か月以上あける)
  • 1回目接種日の年齢が15歳以上:3回
    標準・最短ともにガーダシル(4価)と同じ

 

接種場所

筑西市内および近隣の予防接種協力医療機関一覧
県内協力医療機関(茨城県医師会ホームページ)

 

接種後の病状等に関する相談

接種を受けた医師またはかかりつけ医、茨城県または市の相談窓口までご相談ください。

HPVワクチンを受けたお子様と保護者の方へ(厚生労働省リーフレット)

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた病状の診療に係る協力医療機関について(厚生労働省ホームページ)

 

予防接種健康被害救済制度

定期の予防接種によって健康被害が生じた場合、予防接種法に基づく補償を受けることができます。

予防接種健康被害救済制度について(厚生労働省ホームページ)

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)による健康被害救済(茨城県ホームページ)

 

子宮頸がん予防ワクチンに関するQ&A

HPVワクチンに関するQ&A(厚生労働省ホームページ)

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

筑西市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る