1. ホーム
  2. 部課長ブログ>
  3. 2018年>
  4. 2018年7月11日 中核病院整備部次長 大関 麻里子のブログ

部課長ブログとは

筑西市役所の部長や課長が、担当業務や行政情報など、市の魅力を発信するページです。
どうぞお気軽にご覧ください。

年度別記事

2018年7月11日 中核病院整備部次長 大関 麻里子のブログ

 皆さん、こんにちは。中核病院整備部次長の大関麻里子です。

 昨年4月に茨城県より派遣され、病院整備という大事業に携わらせていただき、あっという間に1年3か月が過ぎました。

 いよいよ病院の開院まで2か月半。今回の部課長ブログでは、開院間近の茨城県西部メディカルセンター(以下「西部メディカル」といいます。)における「」ものに着目した情報を発信いたします。

『ブログ1』の画像

<村田専門監/菊地次長/相澤部長/筆者/佐久間次長/病院屋上ヘリポートにて>

 

【再編統合】

 西部メディカルは、3つの病院を2つに再編統合することで、医師の分散等による急性期医療機能の低下という課題解決を目的として、医療資源や医療機能を集約して新たに整備する病院です。

 このような3病院の再編・統合は茨城県内ではめてとなります。

『ブログ2』の画像

 

【地方独立行政法人による運営】

 西部メディカルには、持続可能な経営はもとより、病院機能の見直し・拡充に向けた柔軟な対応や公共性の高い医療サービスの提供も求められており、市からの過度な繰入れに頼ることなく、自立的経営を目指す必要から、茨城県内でとなる「地方独立行政法人」による運営としました。  

 

【救急科の設置】

 西部メディカルは、筑西・下妻医療圏内でとなる救急科を設置し、二次救急医療までの完結を目指すため、適切な診療科と連携して、24時間、365日対応する予定です。

 なお、三次救急を担う高度医療機関(大学病院等)と密接かつ迅速な連携が図れるように、屋上ヘリポートも整備してあります。

 

【筑波大と自治医科大合同の臨床教育センターの設置】

 西部メディカルには「筑波大学附属病院・自治医科大学合同茨城県西部地域臨床教育センター」が設置されます。一つの病院に、二つの大学の臨床教育センターが合同で設置されるという県内での事例となります。

 両大学から教員・医師が派遣され学生や研修医に対する臨床実習などの指導が行われることで、病院で働く医師が増え、地域医療の充実に貢献して頂けるものと期待しています。

『ブログ3』の画像

 

 この他にも、能力を基軸とした人事制度を新たに導入するほか、入院患者さんへの食事を高度な衛生管理や人件費の削減が図られるニュークックチル方式で提供するなど、様々な「」ものがあり、病院整備と併せてこちらについても着々と準備を進めているところです。

『ブログ4』の画像

<新たな人事制度研修会>  

            

『ブログ5』の画像

<ニュークックチル方式>

 

 この事業は、統合3病院、筑西市土木部、保健福祉部のほか、桜川市、県関係部局とともに、地元医師会、各大学等多くの方々との連携及び協力によって進めています。

 平成21年11月、茨城県地域医療再生計画に位置づけされてから早9年。この大事業の締めくくりと新たな病院のスタートでもあるこの時期にかかわることができたことに感謝して、引き続き、当部スタッフと共に頑張ります!

『ブログ6』の画像

<たまの息抜き/中核病院整備部の仲間と>

 

 末尾に、私事を少し。毎日帰宅すると必ず迎えてくれる愛息(猫)達を紹介します。食べるのが大好きな親に似て、丸々と肥えてます。あんまり太らせるのもな~と思いますが、大音量の鳴き声&頭突きで催促されるとつい追加のご飯をあげてしまう私。

 自身も下館ラーメンや焼きそばなど筑西グルメにすっかり魅了されまして、下館祇園まつりの屋台では、神輿を見ながら何を食べようか、今から楽しみにしています。

 親子そろってダイエット成功への道のりは長くなりそうです^^

『ブログ8』の画像

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは業務推進第二課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎4階 

電話番号:0296-22-0500 ファックス番号:0296-22-0530

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

筑西市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る