1. ホーム>
  2. 就労・産業・事業者向け>
  3. 入札契約情報>
  4. 入札情報>
  5. 筑西市建設工事最低制限価格の設定に関する基準等を定める要綱の制定について

就労・産業・事業者向け

筑西市建設工事最低制限価格の設定に関する基準等を定める要綱の制定について

 一般競争入札により建設工事の請負契約を締結する場合において、最低制限価格を設ける際に必要な基準等を定めましたのでお知らせします。

 

【当該要綱の概要】

〇最低制限価格を設ける対象となる工事

 筑西市建設工事一般競争入札実施要綱第2条の規定による設計金額1,000万円以上の建設工事を対象に、最低制限価格を設けます。

〇最低制限価格の算出方法

 次の算定式により、予定価格の10分の7から10分の9の範囲内で算定します。

 最低制限価格=直接工事費の額×97%+共通仮設費の額×90%+現場管理費の額×90%+一般管理費の額×55%

 但し、この算定式により難い場合には、予定価格の10分の7から10分の9の範囲内で、市長が定める割合を乗じて算出します。

〇一般競争入札参加者への周知

 最低制限価格を設けて入札を行う場合は、公告等により事前に周知します。

〇一般競争入札の執行

 最低制限価格以上予定価格以下の中で、最低の価格で入札した者を落札者とします。

〇最低制限価格の公表

 価格は入札執行後に公表します。

〇施行期日

 平成29年8月1日

(当該要綱は、平成29年8月1日以後に一般競争入札に係る公告をする建設工事について適用します。)

 

※詳細については「筑西市建設工事最低制限価格の設定に関する基準等を定める要綱」をご参照ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは契約管財課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎4階 

電話番号:0296-24-2185

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る