1. ホーム>
  2. 行政>
  3. 市長の部屋>
  4. 市長の動き>
  5. 市長の動き(平成29年度)

行政

市長の動き(平成29年度)

平成29年6月18日  地域交流の集い   【イルブリランテ】

『『交流の集い1』の画像』の画像『交流の集い2』の画像

本日、ボランティアひまわり会主催の「第12回 地域交流の集い」が開催され、出席いたしました。ボランティアひまわり会の皆様には、活動を通し、本市の福祉行政の推進に多大なるご協力を賜り、大変心強く感じております。この集いでは、地域の有志の方々によります民謡や踊りの発表があり、仲間たちと楽しみ、さらなる交流を深められたことと思います。市といたしましても、住民参加による地域福祉を推進し、引き続き、市民の皆様が安心して暮らせるまちづくりを進めてまいります。

平成29年6月17日  ナショジオオープンキャンパス2017 公開録画 【コミュニティプラザ】

『ナショジオ』の画像

本日、ココリコの田中直樹さんを講師としてお迎えし「ナショジオオープンキャンパス2017」が開催されました。これは、野生動物や自然破壊の現状をひとりでも多くの人に知ってもらい、生き物や自然に興味を持ってもらうための教育推進イベントで、市内の小学生と保護者約300人が参加しました。田中さんから、学校では学ぶ機会の少ない、動物の生態や変わった習性などを分かりやすく話していただいたり、スイカにヤマアラシのトゲを刺して硬さを体験したり、子どもたちはとても楽しそうでした。貴重な時間を過ごすことができ、自然や生き物について更に興味を持つきっかけとなったのではないでしょうか。田中直樹さん、関係者の皆様、誠にありがとうございました。

平成29年6月10日 筑西市シルバー人材センター定時総会 【茨城県県西生涯学習センター】

『シルバー1』の画像『シルバー2』の画像『『シルバー3』の画像』の画像

筑西市シルバー人材センターの「平成29年度定時総会」に出席いたしました。会員の皆様方には、日頃から、高齢者の生きがいづくりや活力ある地域づくりのために、多大なるご尽力をいただいております。近年、シルバー人材センターの状況は、会員数・受注額ともに上向き傾向にあり、今後、高齢社会の進展に伴い、当センターの役割はますます重要になると思います。高齢者の皆様方にとって、社会の一員として働くことができるということは、元気の源です。「自主・自立・共同・共助」の理念のもと、それぞれの体力や能力にあった働き方で、仲間と楽しく仕事ができるよう、市といたしましても、引き続き支援してまいります。

平成29年6月2日  “社会を明るくする運動”筑西市推進委員会  【研修室】

『社会を明るく1』の画像『社会を明るく2』の画像

“社会を明るくする運動”筑西市推進委員会を開催し、保護司会をはじめ、更生保護女性会、青少年相談員連絡協議会、防犯連絡協議会、連合民生委員児童委員協議会の役員の皆様方にご出席いただきました。この運動は、「社会を明るくする運動~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~」という名称のもと、安心・安全な犯罪のない地域社会を築くための全国的な運動です。近年、雇用環境の不安定化や、少子高齢化・核家族化の急速な進展が犯罪や非行が起こる原因のひとつではないかと考えられ、人と人とのつながりや地域の絆の大切さが改めて見直されているところです。本日は、7月に実施される強調月間の活動について協議していただきました。今後も、各関係機関と連携して、市民の皆様が心豊かに安心して安全に暮らせるまちづくりを推進してまいります。

平成29年5月31日  筑西市認定農業者協議会総会

『認定農業者』の画像

「平成29年度筑西市認定農業者協議会総会」に出席いたしました。認定農業者協議会は平成18年度に設立され、市内認定農業者の相互連携を図り、講演会や研修会等、農業経営の向上に資する事業を行っております。近年、国内の人口減少や少子高齢化に伴う農産物消費量の低下を背景に、国内市場の縮小が懸念されております。そのような状況の中、認定農業者の皆様をはじめとした中核的な経営体には、農地の集積集約による作業の効率化・大規模化に努め、さらに新品種や先進的な技術の導入など、地域農業の根幹を担っていただいております。市といたしましても、引き続き農業経営の持続的な発展を支援してまいります。

平成29年5月30日 茨城県管理河川県西ブロック減災対策協議会 【茨城県筑西合同庁舎】

『減災1』の画像『減災2』の画像『減災3』の画像

「第1回茨城県管理河川県西ブロック減災対策協議会」に出席いたしました。この協議会は、一昨年の関東・東北豪雨や台風等による大規模な浸水被害が発生していることを踏まえ、河川管理者、市町村等が連携・協力してハード対策とソフト対策を一体的かつ計画的に推進し、社会全体で常に洪水に備える「水防災意識社会」の再構築を目的として設立されました。第1回目の本日は、各市の主な取り組み状況を共有し、今後の進め方について協議いたしました。国や県とも、情報連携を一層密にして、減災対策を進めてまいります。

平成29年5月28日  筑西市消防団水防訓練   【母子島遊水地】

『水防1』の画像『水防2』の画像『水防3』の画像

「平成29年度筑西市消防団水防訓練」が実施され、出席いたしました。筑西市消防団約500人が参加し、出水期を前に、「積み土嚢」、「シート張り」、「トン袋製作」などの水防工法の訓練を行いました。一昨年の関東・東北豪雨では、鬼怒川の決壊により常総市に甚大な被害をもたらし、本市におきましても、川島地区・船玉地区で溢水が発生し、床上浸水111棟、床下浸水96棟の被害を受けました。このような、いつ起こるか分からない水災を想定し、市といたしましても、いっそう気を引き締め、さらなる防災体制の充実・強化を図ってまいります。また、本日の訓練に際しましては、国土交通省下館河川事務所をはじめ、茨城県筑西土木事務所ならびに筑西消防署のご指導とご協力をいただき、誠にありがとうございました。

平成29年5月26日  ちっくんひろば来場者1万人達成イベント  【ちっくんひろば】

『ちっくん広場1』の画像『ちっくん広場2』の画像『ちっくん広場3』の画像

平成29年2月16日に子育て支援スペースとしてオープンした「ちっくんひろば」は連日多くの皆様にご利用いただいており、本日、記念すべき1万人目の来場者をお迎えすることができました。今後も「親子の遊び場・ふれあいの場」として、多くの方々に安心して楽しくご利用いただけるよう、工夫してまいります。

平成29年5月22日  新中核病院名称決定に伴う表彰式   【市長応接室】 

『表彰式1』の画像『表彰式2』の画像『表彰式3』の画像

4月1日から募集していた、新中核病院の名称が決定し、本日表彰式を行いました。144通という多数の応募の中から厳正なる審査を行い、名称は「茨城県西部メディカルセンター」に決定いたしました。名称採用者は、本市在住の高野幸代さんと国枝みどりさんのお2人です。地域住民の皆様に信頼され、末永く親しまれる病院となるよう、平成30年10月の開院に向け、さらに力を注いでまいります。

平成29年5月17日  筑西市自治会連合会総会   【コミュニティプラザ】 

『自治会連合会1』の画像『自治会連合会2』の画像

「平成29年度筑西市自治会連合会総会」が開催され、出席いたしました。今回は総会前に、自治協力員活動継続5年以上の方を表彰させていただきました。現在、本市には、444の自治会がございます。自治会は、地域における社会生活の基盤となる住民組織であり、防犯・防災活動や環境美化活動の推進など、市民と行政との懸け橋として、なくてはならない役割を担っていただいております。私も、二期目に入りましたが、常に「一人では何もできない」ということをモットーとしております。今後も、自治会の皆様をはじめ市民の皆様のご意見を幅広くお伺いし、また、皆様と一緒になって様々な課題を克服してまいりますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

平成29年5月17日  筑西市小学校陸上競技会   【明野中学校】 

『陸上1』の画像『陸上2』の画像

「第13回筑西市小学校陸上競技会」が開催され、出席いたしました。市内の各学校から約800人の児童が参加し、トラック競技やフィールド競技など、それぞれの種目に出場しました。子どもたちの、競技に臨む真剣な表情やきらきらとした笑顔を見て、今後も、学校、地域、家庭と連携を図りながら、子どもたちの健全育成に全力で取り組まなくてはと改めて強く感じました。

平成29年5月13日  浅草橋紅白マロニエまつりでの産地振興PR 

『浅草マロニエまつり1』の画像『マロニエまつり2』の画像『マロニエまつり3』の画像

東京都台東区で開催された「第10回浅草橋紅白マロニエまつり」において、農産物や特産品をPRしてまいりました。本市のブースでは、こだますいかをはじめ、トマトやブロッコリー、桐下駄などを出品し、来場者から大変好評をいただきました。今後も、本市の魅力を台東区の消費者に情報発信するとともに、都市と農村、消費者と農業者の皆様の交流を促進してまいりたいと思います。

平成29年5月12日  総会   【スピカ コミュニティプラザ】 

『『総会』の画像』の画像

「桜川改修期成同盟会」、「一級河川北台川整備促進協議会」、「筑西土木協議会」の各総会を開催いたしました。それぞれの総会で、昨年度の事業報告をはじめ、今年度の事業計画、予算案などの審議を行いました。いずれの会も、地域住民の安全と福祉の増進や減災のために取り組んでおります。今後も、県や他の自治体、関係機関と連携して事業を進めてまいります。

平成29年5月11日  鬼怒川・小貝川下流域大規模氾濫に関する減災対策協議会 【茨城県筑西合同庁舎】

『『減災協議会1』の画像』の画像『減災協議会2』の画像『減災協議会3』の画像

「第3回鬼怒川・小貝川下流域大規模氾濫に関する減災対策協議会」に出席いたしました。今回から3市町が加わり、鬼怒川・小貝川沿いの13市町の首長、国交省や気象庁、県の担当者が参加しました。今回の協議会では、5年間で達成すべき目標を掲げ、昨年度から進めてまいりました、住民個人の避難計画「マイ・タイムライン」や13市町の「広域避難計画策定ガイドライン」の作成などの対策を強化していくことを確認いたしました。今後も、近隣市町の皆様をはじめ、関係機関と協力して、減災対策に取り組んでまいります。

平成29年5月7日   田宮杯中学校野球大会   【下館運動場】 

『田宮杯1』の画像『田宮杯』の画像『『田宮杯3』の画像』の画像

「第37回田宮杯中学校野球大会」が開催され、出席いたしました。この大会の創始者であり、本市の市民栄誉賞受賞者でもある田宮謙次郎先生は、本市が誇る偉大なプロ野球選手でありました。当日は、野球の技術の向上を図るとともに、一人ひとりたくましい体力と豊かな人間性を培うという趣旨のもと、市内外から23の中学校が参加し、試合が行われました。選手のみなさんは、日頃の練習の成果を存分に発揮されるとともに、他校の選手と交流できる良い機会になったのではないでしょうか。

平成29年5月4日   こどもの日中学校柔道大会   【下館総合体育館】 

『こどもの日柔道1』の画像『こどもの日柔道2』の画像

「第58回こどもの日中学校柔道大会」に出席いたしました。今年で58回目を迎えるこの大会は、五月晴れの大空を泳ぐこいのぼりのように元気に育つことを願うとともに、柔道の技術向上を目的として開催されています。市内外の中学校から大勢の選手が集まり、熱戦が繰り広げられました。 真剣な眼差しで試合に臨んでいる選手のみなさんの姿からは、日々の厳しい稽古に一生懸命取り組んでいることが伝わってまいりました。今後も怪我などに気をつけ、頑張っていただきたいと思います。

平成29年4月26日   「こだますいかの日」制定記念式典 

『『『こだますいかの日1』の画像』の画像』の画像『『『こだますいかの日2』の画像』の画像』の画像『『こだますいかの日3』の画像』の画像『『『こだますいかの日4』の画像』の画像』の画像

本日、「こだますいかの日」制定記念式典を開催いたしました。筑西市と桜川市は50年来のこだますいかの産地であり、栽培面積・出荷量ともに日本有数の産地ですが、その認知度は低い状況です。また、消費者から大玉すいかの規格外品と誤解されることもあり、広く皆様に認知していただきたいという願いから、二十四節気の立夏(今年は5月5日)を「こだますいかの日」として制定し、一般社団法人日本記念日協会において、平成29年2月13日に正式登録されたところです。先日、県庁や東京の大田市場へ伺い、これからピークを迎えるこだますいかのPRをしてまいりました。今後も先頭に立ち、本市の農産物をPRしてまいります。

平成29年4月24日   初登庁 

『『初登庁1』の画像』の画像『初登庁2』の画像

このたび、引き続き「筑西市」の市政をお預かりすることになり、本日、2期目のスタートを迎えることができました。市民の皆様をはじめ、各方面の力強い御支援によりまして引き続き市長の職務を担うことは、身に余る光栄であり、改めてその責任の重大さを痛感いたしております。これまでの4年間は、厳しい財政状況下にありながらも、長年の懸案事項でありました新中核病院の着工、本庁舎のスピカビルへの移転、本市への12社の企業誘致など、1期目の目標でありました市政の「刷新・再起動」のためのさまざまな施策を遂行することができました。これもひとえに、市民の皆様、そして議員、職員の皆様の力強い支援があったからこそであり、ここにあらためて感謝申し上げます。今後は、さらにステップアップを図るべく「市民力で筑西大躍進」というスローガンを掲げ、人口減少に歯止めをかけ、10万人都市の継続をさせるため、「あらゆる世代が安心して暮らせる元気都市 筑西」の実現を目指してまいります。

平成29年4月20日   西地区保護司会 総会   【アルテリオ】 

『西地区保護司会』の画像

本日、「平成29年度西地区保護司会総会」が開催され、出席いたしました。保護司の皆様方には、更生保護事業に格別なご尽力を賜り、この地域の治安の安定が図られておりますことに感謝申し上げます。近年の更生保護を取り巻く環境は、犯罪者の低年齢化や再犯者の増加などが指摘されており、罪を犯した人たちの矯正・更生指導のあり方、社会復帰への支援が重要な取組となっております。市といたしましても、西地区保護司会の構成市町4市1町の連携と協力体制の強化のもと、この地域に暮らす方々の安全が確保され、安心して暮らせる地域社会の実現が図られますよう、取り組んでまいります。

平成29年4月19日   こだますいか 産地振興PR   【茨城県庁】 

『こだますいか1』の画像『『こだますいか2』の画像』の画像

JA北つくばのみなさんと一緒に県庁を訪問し、旬を迎えた、筑西市産「こだますいか」のPRをしてまいりました。皮が薄く、しゃりしゃりとした食感と、大玉すいかに比べて糖度が高く、皮の際まで甘いところが特徴です。また、産地発展の取組といたしまして、こだますいかを広く皆様に認知いただくために、二十四節気の立夏(今年は5月5日)を「こだますいかの日」として制定し、一般社団法人日本記念日協会において、平成29年2月13日に正式登録されたところです。今後、本格的な出荷が始まり、6月上旬にピークを迎える見込みです。皆様もぜひご賞味ください。

平成29年4月16日   筑西市聴覚障害者協会 定期総会   【アルテリオ】 

『『聴覚障害者協会』の画像』の画像

本日、筑西市聴覚障害者協会の定期総会が開催され、出席いたしました。平成28年度事業報告・決算報告や平成29年度事業計画(案)のほかに、手話言語条例の状況についての話もありました。本市では、聴覚障害者への対応についても力を入れており、昨年度から手話通訳のできる職員を障がい福祉課に配置いたしました。さらに、職員により「聴覚障害者に対する知識、技能等の習得を生かし、より良い窓口サービスの提供をすることにより、聴覚障害者の社会参加への支援」を目的として、手話クラブを発足したところです。今後も、「第4期筑西市障害者福祉計画」に基づき、障がいのある人もない人も、住み慣れた地域で安心してその人らしく生活を営むことができ、より一層社会参加が促進されるよう、各種施策に取り組んでまいります。

平成29年4月9日   下館さくらまつり 

『さくらまつり』の画像

「第29回下館さくらまつり」が開催され、出席いたしました。今年で29回目を迎えた「下館さくらまつり」も筑西市の春のイベントとしてすっかり定着してまいりました。本日はあいにくの天気でしたが、県西地区初の「ミニラーメンフェスタ」や、採れたて野菜の「新鮮市」、バンドコンテストなど、イベントが盛りだくさんで、ご来場の皆様は楽しい時間を過ごせたことと思います。下館さくら商店街振興組合をはじめ実行委員会の皆様、大変お疲れさまでした。

平成29年4月6日   入園式   【川島こども園】 

『川島こども入園式』の画像『川島こども園2』の画像

本日、川島こども園の入園式が行われ、出席いたしました。小さな園児のみなさんを、嬉しそうに、心配そうに見守っている保護者のみなさんの姿が印象的でした。これから始まる保育園生活、先生や友達と楽しく過ごし、健やかに成長されることを祈っています。市といたしましても、全ての児童に良質な保育環境を保障することや、子育て家庭への理解を深め、子育てのしやすいまちづくりを目指してまいります。

平成29年4月1日  筑西市消防団辞令交付式  【ペアーノ】 

『消防団辞令』の画像『消防団辞令2』の画像

本日「平成29年度筑西市消防団辞令交付式」が行われました。今年度昇任されました95名の団員の皆様並びに新たに49名の新入団員の皆様へ辞令が交付され、825名の筑西市消防団の新体制が整いました。今後とも、いつどこで起こるか分からない火災や災害に備え、消防・防災活動の推進になお一層のお力添えを賜りますよう、お願い申し上げます。市といたしましても、市民の皆様の生命・財産を守るため、さらなる装備の拡充に努め、消防・防災体制の充実を図ってまいります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎4階 

電話番号:0296-24-2335

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

筑西市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る