1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 住まい>
  4. 平成30年度 多世代同居住宅取得等奨励金制度について

くらし・手続き

平成30年度 多世代同居住宅取得等奨励金制度について

  筑西市への移住・定住の促進を図り、子育て環境の向上及び高齢者が安心して暮らせる住環境の実現のため、「多世代同居住宅取得等奨励金制度」を実施しています。

 

  制度の概要 

子世帯又は孫世帯の市外からの転入に伴う多世代同居(市内において親世帯及び子世帯又は孫世帯が同一敷地内又は隣接する敷地内に居住すること)をするために新築住宅・中古住宅の取得又は増改築を行った場合、条件に合致した所有者に対して奨励金として20万円を交付します。なお、「若者・子育て世代住宅取得奨励金」の交付要件に合えば、そちらとの併用も可能です。

■実施期間   平成29年4月1日 から 平成32年3月31日 まで

■申請の期限  対象住宅の取得等の日の翌日から起算して6か月以内

         ※取得等の日
         【新築・中古住宅】
          所有権保存登記又は所有権移転登記の受付年月日。

         【増改築】
          当該増改築工事の完了の日。

■申請の方法  交付申請書と必要な書類を添えて企画課(スピカ本庁舎4階7番窓口)へ提出してください。

 

 対象となる住宅の要件 

申請をする住宅の区分に応じて要件が設けられています。

新築住宅

○多世代同居のために取得する住宅であること。

 ※その他詳細な条件は、「多世代同居住宅取得等奨励金制度について」P2の【対象となる住宅】をご覧ください。

中古住宅

○多世代同居のために取得する住宅であること。

○交付を受けようとする者が、当該中古住宅について筑西市住宅リフォーム助成事業補助金等その他本市で実施している他の同様の補助制度による補助(筑西市若者・子育て世代住宅取得奨励金を除く。)を受けていないこと。

 ※その他詳細な条件は、「多世代同居住宅取得等奨励金制度について」P2の【対象となる住宅】をご覧ください。

増改築工事

○多世代同居のために行う工事であること。

○交付を受けようとする者が、当該工事に係る住宅について筑西市住宅リフォーム助成事業補助金等その他本市で実施している他の同様の補助制度による補助(筑西市若者・子育て世代住宅取得奨励金を除く。)を受けていないこと。

 ※その他詳細な条件は、「多世代同居住宅取得等奨励金制度について」P2の【対象となる住宅】をご覧ください。

 

 交付対象者の条件 

平成30年度から交付対象者が拡充されました!
詳しくは、「多世代同居住宅取得等奨励金について」P3の【交付対象者】で、図等を用いてわかりやすく説明してありますのでご覧ください。

 提出書類 

住宅の区分によって提出書類が違います。「多世代同居住宅取得等奨励金制度について」P4の【交付申請に必要な書類】をご覧ください。

※増改築工事の申請には、施工前と施工後の写真が必要ですので、施工前の写真を忘れずに撮影し用意してください。

※「若者・子育て世代住宅取得奨励金」に該当する場合は、同時に申請することができます。その際、同一書類については1通のみの提出で結構です。

『多世代同居』の画像

 

※この奨励金の交付対象とならないことを理由に、一度発行した証明書類(戸籍全部事項証明書、住民票等)の手数料の払い戻しはいたしかねます。交付の条件等が不明の場合は、事前にご相談ください。

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画課 地方創生推進室です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎4階 

電話番号:0296-24-2197

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る