1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 税金>
  4. 国民健康保険税>
  5. 国民健康保険税と社会保険の任意継続制度の保険料の比較について

くらし・手続き

国民健康保険税と社会保険の任意継続制度の保険料の比較について

会社を退職される場合、国民健康保険に加入するか、会社で加入していた健康保険を任意継続するか選択できる場合がありますが、国民健康保険税と任意継続の保険料についていくつか違いがあります。

(注)任意継続に関しては、ご加入の健康保険組合にお問い合わせ下さい。

 

○国民健康保険税と任意継続の保険料について

社会保険の保険料につきましては、給与をベースに保険料が決められています。対して、国民健康保険税は、前年のすべての所得(退職金、障害年金等は除く)を基に所得割が計算されますので、農業所得、年金所得など、他の所得がある方については保険税の負担が多くなる場合があります。

 

○扶養について

社会保険などの健康保険については被扶養者がいても保険料は変わらない仕組みです。対して、国民健康保険は扶養という考え方はなく、世帯内の加入者が増えれば均等割が増え、その人に前年中、所得があれば所得割も加算されます。

 

○国民健康保険税の賦課について

国民健康保険税については、世帯主課税となっておりますので、すでに世帯内で国民健康保険にご加入している人がいる場合は、合算した金額で課税されます。

また、国民健康保険税は前年中の所得を基に所得割が計算されていますので、退職などにより1月から12月までの所得が減った場合、次の年度の国民健康保険税に反映されます。

 国民健康保険税の試算ついては、医療保険課保険税担当までお問い合わせいただくか、下記「関連ファイルダウンロード」よりエクセルファイルにて試算できます。

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは医療保険課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎1階 

電話番号:0296-24-2103

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る