1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. くらし・手続きのお知らせ>
  4. 微小粒子状物質(PM2.5)について

くらし・手続き

微小粒子状物質(PM2.5)について

微小粒子状物質(PM2.5)とは大気中に漂う粒径2.5マイクロメートル(1マイクロメートル=0.001ミリメートル)以下の小さな粒子のことです。PM2.5は粒径が非常に小さいため、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸器系や循環器系への影響が懸念されています。

 

環境省では、PM2.5の環境基準を、1年平均値15マイクログラム/立方メートル以下かつ1日平均値35マイクログラム/立方メートル以下と設定しています。また、外出や屋外での運動をできるだけ減らすなどの注意喚起のための暫定的な指針となる値を、1日平均値70マイクログラム/立方メートルとしています。

※環境基準とは、人の健康を保護する上で維持されることが望ましい基準であり、基準値を超過した場合であっても直ちに人の健康に影響が現れるものではありません。

 

茨城県では、県内17ヶ所の測定局(筑西市内では筑西保健所に設置)の1時間ごとの測定値及び1日の平均値をホームページにて公表しており、下記の判断基準により注意喚起及び解除を行います。また、PM2.5情報はパソコンや携帯電話へのメール配信も行っており、県のホームページから登録ができます。

 

○注意喚起の判断基準と実施時刻(県内の測定局のうち1ヶ所以上で超過した場合に県内全域を対象に注意喚起を実施)

(1)午前5時、6時、7時の1時間値の平均値が85マイクログラム/立方メートル → 午前8時を目途に注意喚起

(2)午前5時から正午の1時間値の平均値が80マイクログラム/立方メートル → 午後1時を目途に注意喚起

※(1)、(2)ともに注意喚起のための暫定的な指針となる1日平均値70マイクログラム/立方メートルに相当する値

 

○注意喚起の解除の判断基準

(1)注意喚起に係る判断基準値を超過した全ての測定局で2時間連続して1時間値が50マイクログラム/立方メートル以下

 

注意喚起時及び解除時には市でも防災無線において放送を行います。注意喚起時には下記の行動を目安にしてください。

 

○行動の目安

・屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ控える。

・屋内においても換気や窓の開閉を必要最小限にするなどにより、外気の侵入をできるだけ減らす。

・特に、呼吸器系や循環器系疾患のある方、小児、高齢者の方は、体調に応じて、より慎重に行動する。

 

○県内のPM2.5の状況及びPM2.5情報メール配信登録はこちらから

PM2.5の状況(茨城県ホームページ)

PM2.5情報メール配信登録(茨城県ホームページ)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境課 環境保全グループです。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎2階 

電話番号:0296-24-2130

アンケート

筑西市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る