1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. くらし・手続きのお知らせ>
  4. 野鳥における鳥インフルエンザの対応について

くらし・手続き

野鳥における鳥インフルエンザの対応について

平成28年12月12日に栃木県真岡市若旅地区で回収された野鳥(オオタカ)1羽について、簡易検査の結果「A型インフルエンザの陽性」が確認されました。詳細な検査は、今後、国の研究機関において実施される予定です。

回収された場所を中心とする半径10Km圏内は「野鳥監視重点区域」となり、筑西市の一部も指定されました。

 

○今後の対応について

湖沼等での野鳥の監視を強化するとともに、家禽(ニワトリ等)への感染を防ぐため、養鶏場への石灰の配布を行います。

 

○野鳥との接し方について

鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人間への感染は無いと考えられます。日常生活においては、野鳥など野生動物の排泄物等に触れてしまった場合、手洗いとうがいをしていただければ過度に心配する必要はありません。冷静な対応をお願いいたします。

鶏飼養者の方は湖沼等及びその周辺には鳥インフルエンザウイルスがまん延している可能性がありますので、湖沼等へ近づかないようにしてください。

また、死亡している野鳥については、動物由来の感染病等もあるため、素手では触らないでください。万一、密集して死んでいる野鳥を発見した場合は、県または市役所までご連絡ください。

 

連絡窓口

野鳥の鳥インフルエンザに関すること                                                                                                                             県西県民センター環境・保全課 0296-24-9127

家禽(ニワトリ等)の鳥インフルエンザに関すること                                                                                          県西家畜保健衛生所 0296-52-0345

その他の鳥インフルエンザに関すること                                                                                                      筑西市役所農政課 0296-20-1161

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-20-1161

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

筑西市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る