1. ホーム>
  2. 健康・福祉>
  3. 健康>
  4. 予防接種

健康・福祉

予防接種

 予防接種法の一部改正等でワクチンの 種類や接種方法などが変更になることがあります。
 変更があった時は、市のホームページや 広報紙などでお知らせします。

ワクチンデビューは2か月からです!予防接種を受けましょう!

子どもは病気に対する抵抗力が未発達なため、さまざまな感染症にかかる可能性があります。
予防接種は感染症から子どもと周囲の人々の健康を守る非常に効率の高い予防手段の1つです。

 予防接種の流れ

 (1)医療機関に予約をします。

 予防接種は全て医療機関での個別接種となります。予約してから受けましょう。

(2)接種前に「予防接種と子どもの健康」の冊子に必ず目を通しましょう。

(3)予診票を記入しましょう。

  生後2か月になる前に、定期予防接種の予診票綴りと「予防接種と子どもの健康」冊子を郵送しています。
  予診票綴りの表紙のシールにある「整理番号」を必ず記入してください。
  紛失や転入した際は、母子健康手帳を持参し保健予防課の窓口にお越しください。

(4)保険証・予診票・母子健康手帳を必ず持参し、医療機関へ予防接種を受けに行きましょう。

  体調の良い時に受けましょう。
  予診票には保護者の自署が必要です。
      保護者以外の人がお子様を連れて接種を受ける時は、保護者の「予防接種委任状」が必要となります。
  接種後30分間は、接種を受けた場所でお子さんの様子を見ましょう。
  接種当日は激しい運動等は避け、接種部位は清潔に保ちましょう。

 

  ワクチンの接種と間隔 

『ワクチンの種類と間隔ー修正(1)』の画像 
※ロタウイルス・おたふくかぜ・小児インフルエンザは任意予防接種です。

 

 

 

お子さんの定期予防接種 

 料金はすべて無料です。ただし、対象年齢を過ぎると有料になりますのでご注意ください。

保護者が同伴できない時は「予防接種委任状」が必要です。

予防接種法の一部改正などによりワクチンの種類や接種方法が変更になることがあります。変更があった場合は、ホームページや広報紙などでお知らせします。

  原発避難者も対象となりますが、事前に申請が必要となりますので、保健予防課にお越しください。

■接種場所: 予防接種市内協力医療機関一覧表 をご参照ください。市外(県内に限る) で接種する場合は

      茨城県医師会ホームページ (http://www.ibaraki.med.or.jp/) の予防接種協力医療機関をご参照ください。
『子どもの定期予防接種』の画像

 

 65歳以上の定期予防接種

 ※接種料金の一部を助成します。対象者には「接種のお知らせ」を郵送します。
  原発避難者も対象となりますが、事前に申請が必要となりますので、保健予防課にお越しください。 
※成人用肺炎球菌予防接種は、治療により脾臓を摘出され保険適用が可能な人は助成の対象となりません。
『65歳以上の定期予防接種』の画像

 

任意予防接種

※接種料金の一部を助成します。対象者、助成期間や回数、料金、申請方法はワクチンにより異なります。
※成人用肺炎球菌は接種前に保健予防課で申請が必要です。申請時に本人確認ができる運転免許証・保険証等をご持参ください。
子どもの予防接種を受ける場合で、保護者が同伴できない時は「予防接種委任状」が必要です。
原発避難者も対象となりますが、事前に申請が必要となりますので、保健予防課にお越しください。

『任意予防接種ー修正(1)』の画像

 

 

予防接種市内協力医療機関一覧  (平成30年3月26日現在) 

『市内協力医療機関一覧表ー修正後(3)』の画像 

 

 

 予防接種とは                              

 予防接種とは人の免疫(病気に対する抵抗力)の仕組みを利用し、病気の予防に有効であると確認されたワクチンを接種することにより、病気に対する抵抗力[免疫]を高める方法です。予防接種を受けることにより、(1)感染症を予防したり、かかったとしても重症化しにくくなります。また、(2)多くの人が接種することにより、感染症のまん延を防止することができます(集団免疫)。
 
 予防接種にはさまざまな種類があり、それぞれ接種する年齢や回数、接種と接種との間隔などが決められています。

 

予防接種の種類

 《子どもの予防接種》

 生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんから免疫(病気に対する抵抗力)をもらっているため、生後半年くらいまでは感染症にかかりにくくなっています。赤ちゃんがお母さんから受け取った免疫はだんだん減りますが、その一方で、子供は成長していく過程で少しずつ免疫を獲得していきます。
 しかし、感染力が強く、重症化するおそれのある感染症の中には、後遺症が残ったり、命を落とす危険がある病気もあるため、予防接種という方法で免疫をつけ感染症にかかりにくくする必要があります。大切なわが子を感染症から守るために、予防接種の種類や時期などを理解し予防接種を有効に活用しましょう。 

 予防接種には制度上、予防接種法で定められていて期間内の接種を強くすすめる「定期接種」と、定期接種には含まれていないものの子供たちにとって大切な「任意接種」があります。 
 定期接種を期間内に受ける場合、無料(公費負担)で予防接種を受けることができます。定期予防接種を受けることは、以前は義務とされていましたが、現在は、子供の予防接種については保護者の方が、かかりつけ医への相談やさまざまな情報を得たうえで、最終的には接種を受けるかどうかを決める仕組みになっています。
 任意接種は、子どもの健康などを考慮して、保護者が必要かどうかを判断し受ける予防接種です。接種費用の一部を助成しているワクチンもあります。

 ※接種を行う対象となっている感染症は、次のとおりです。(平成28年10月1日現在)

◆定期予防接種◆

(1)ジフテリア、(2)百日せき、(3)破傷風、(4)急性灰白髄炎(ポリオ)、(5)麻しん、(6)風しん、(7)日本脳炎、(8)結核、(9)Hib(ヒブ)感染症、(10)小児の肺炎球菌感染症、(11)ヒトパピローマウイルス感染症、(12)水痘、(13)B型肝炎

 ◆任意予防接種◆

(1)おたふくかぜ、(2)A型肝炎、(3)ロタウイルス感染症、(4)狂犬病、(5)黄熱、(6)髄膜炎菌感染症、(7)インフルエンザ、(8)接種対象疾患で対象年齢の枠外に行うもの

 《65歳以上の定期予防接種》

 予防接種法で定められている予防接種として、インフルエンザ、高齢者の肺炎球菌があります。
これらは、個人予防に重点を置き、本人に接種義務はなく、国は積極的な接種の勧奨はしていません

 《大人の任意予防接種》

(1)おたふくかぜ、(2)B型肝炎、(3)肺炎球菌感染症、(4)A型肝炎、(5)狂犬病、(6)破傷風、(7)黄熱、(8)髄膜炎菌、(9)水痘

 

接種を受ける時期

   定期予防接種は、接種の対象となる年齢と、病気の性質などからこの期間に接種を受けることが望ましいとされる「標準的接種期間」や接種の回数、接種の間隔などが定められています。(個々の詳しい内容は、国立感染症研究所「日本の小児における予防接種スケジュール」をご覧ください。)

 複数回接種を受ける必要があるワクチンは、子どもの体調(接種当日の急な発熱など)により予定の日に接種ができず、間隔が長くあいてしまうことがあります。このような場合にも、所定の回数の接種を確実に済ませることが重要です。

 

 接種を受ける場所 

  予防接種は、一人ひとりの体調に合わせて行うことが重要なことから、かかりつけ医など健康状態をよく把握している医療機関で接種を受ける「個別接種」が原則となっています。

 

 健康被害救済制度

  予防接種は感染症を防ぐために重要なものですが、接種を受けた後にきわめてまれに重い副反応が生じ、入院治療が必要となったり、障害が残るなど健康被害が発生することがあります。
 

◆定期予防接種の場合 ・・・・・・ 予防接種健康被害救済制度

 法に基づく予防接種により万が一健康被害が発生し、厚生労働大臣が認定した時には、予防接種法の規定により、発生した健康被害の救済が行われることになっています。接種した市区町村から都道府県を経由して、厚生労働省へ認定手続きをすることになります。詳細な手続きは保健予防課へ相談してください。

 ◆任意予防接種の場合・ ・・・・・ 医薬品医療機器総合機構法による救済制度

  定期接種以外の予防接種で生じた健康被害については、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構へ当該者が請求することになります。

 (制度の詳細は、厚生労働省のホームページをご覧ください。)

   厚生労働省ホームページ「健康被害救済制度」

   厚生労働省リーフレット「健康被害救済制度」(PDF:851KB)

 

副反応について

  予防接種は、ワクチンという医薬品を体内に注射等により接種するものであるため、接種後に、発熱、接種した部位の発赤や腫脹(はれ)など比較的よく見られる身体の反応や、きわめてまれに発生する脳炎や神経障害などの疾患が生じることがあります。
 接種後、気になる症状がある場合は医師の診察を受けましょう。

 

海外渡航の際の予防接種

  旅行や出張等で海外に出かけられる場合には、渡航先で流行している感染症や、感染した場合に重篤化することを考慮し注意が必要な感染症などの予防接種(任意接種)をご検討ください。
(海外での感染症の流行状況や必要な予防接種等の情報は、厚生労働省検疫所のホームページをご覧ください)

 

 

Q&A

Q 予防接種はどこで受けられるの? 

A 医療機関に事前に予約を入れて受けてください。

  接種できる医療機関は 予防接種市内協力医療機関一覧表を参照ください。

    

Q 同時接種ってなに?

A 2種類以上のワクチンを一度の通院でまとめて接種することです。

  ただし、接種する部位は別々です。効果や安全性は単独で接種した時と変わらず、必要な免疫をできるだけ早くつけられるうえ、通院回数を減らせるという利点もあります。

  

Q 予防接種を受けるとき、どういう医療機関を選べばいいの?

A 接種を受ける人の普段の様子を知っている「かかりつけ医療機関」です。かかりつけ医がない場合は、この機会に見つけましょう。

  

Q 予防接種の際に用意するものは?

A 予防接種予診票・母子健康手帳・保険証をご持参してください。

 

Q 子どもが風邪気味のときは、受けられませんか?

A 病気の程度にもよりますが、医師の判断では接種可能というケースもあります。

ただし、保護者から見て、子どもの様子がいつもと違う感じがする場合は、熱がなくても接種を延期するのも一案です。判断に迷う時は医師に相談しましょう。

 

Q どうして接種の推奨時期があるの?

A ワクチン接種の推奨年齢は、病気にかかりやすい年齢と、ワクチンを安全に接種可能かつ効果が高い年齢の双方を考慮して決められています。乳幼児期は抵抗力がないので、接種可能になったらできるだけ早期の接種が好ましいとされています。

  

Q 1回接種しただけじゃだめなの?

A ほとんどのワクチンが複数回の接種となっているのは、1回の接種で生み出される免疫力では不十分な場合や、まれに免疫がついていない場合があるからです。

 

 

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健予防課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎2階 

電話番号:0296-22-0535

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る