1. ホーム>
  2. 就労・産業・事業者向け>
  3. 産業>
  4. 農業>
  5. 地域気象情報提供システムについて

就労・産業・事業者向け

地域気象情報提供システムについて

「地域気象情報提供システム」とは、県内で農業被害の多い「雷・雹」「霜」について、「落雷・降雹」「降霜」の可能性が高くなったときに、携帯電話、パソコン等にメールを配信するサービスです。圃場等で作業をしている時でも、携帯電話に注意喚起メールが送られてきます。入会申請の数日後に登録が完了すると、その後自動的にメールが送付されます。なお、気象条件によっては,多い日には1日に4~5回程度メールが送付されることもあります。このサービスの利用料は無料ですが、メール受信のための通信料は、利用者負担となります。

<システム管理者>

茨城県農業総合センター 企画情報部

笠間市安居3165-1  TEL0299-45-8321

<入会方法>

1.下記のメールアドレスへ題名を「入会希望」としてメールを作成します。

2.本文に以下の内容を記載します。

①お住まいの市町村名

②氏名(ふりがな)

③携帯番号

④営農類型(普通作、野菜、果樹、花卉等及びその他(JA・行政職員等)

⑤認定農業者の有無(有または無を記載)

⑥配信希望地域 筑西市は県西地区の「7」を記載

3.メールを送信します。

※ 配信中止も同メールで対応します。

送付先メールアドレス nogyosogo@pref.ibaraki.lg.jp

QRコードからも入力できます。

 QRコード

スマートフォン用ページで見る