就労・産業・事業者向け

認定農業者制度

認定農業者制度について

 

○認定農業者の概要

認定農業者制度は、農業経営基盤強化促進法に基づき、農業者が自ら作成した「農業経営改善計画」

市が認定する制度です。認定農業者になると、様々な低利融資制度の活用や税制の特例が受けられ

る等計画達成に向けて様々な支援が受けられます。

市内の認定農業者は600件を超え、それぞれが地域農業の担い手として活躍しています。農業のプ

フェッショナルを目指すならば、是非活用してほしい制度です。 詳しくはお問い合わせください。

 

○認定農業者になるには

認定の要件

・5年後までに、年間農業所得が580万円以上、年間労働時間が2,000時間以内(1日8時間として、

年間250日まで)となるような計画を立ててください。

・年齢、経営面積等の制限はありません。

 

 

 

申請の手順

 

1.農業改善計画の作成

・ホームページからのダウンロード又は、農政課窓口で「農業経営改善計画認定申請書」を取得してく

ださい。


2.申請書に必要事項(現状と目標)の記入

※年間の所得目標と労働時間を既に達成している場合、必ず拡大しなくても大丈夫です。

 

①目標とする営農類型(例:稲作、路地野菜、果樹、肉牛等)

②経営改善の方向の概要(例:後継者の就農により規模を拡大)

③農業経営規模の拡大に関する目標(作付面積、生産量、耕作面積)

④生産方式の合理化に関する目標(機械・施設等)

⑤経営管理の合理化に関する目標

⑥農業従事の実態等の改善に関する目標

⑦目標を達成するためにとるべき措置

(参考)経営の構成

 

3.申請書を農政課へ提出

提出された「農業経営改善計画」が、認定基準に達しているか審査を行った上で、認定となります。

 


 




関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-20-1161

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る