1. ホーム>
  2. 市民記者のページ>
  3. 平成22年度 >
  4. 下館地区女性学級をご存じですか

市民記者のページ

下館地区女性学級をご存じですか

■このコーナーを担当したのは、荒井 みさをさん
荒井 みさをさん

女性が暮らしの中から課題を見つけ、共に学習をし、知識や能力を高めるとともに、仲間や地域づくりなどを目的に活動している 「下館地区女性学級(小倉(おぐら)静子(しずこ)委員長)」を紹介します。


現在10団体が活動しています

アルテリオ周辺の除草作業には、女性学級のみなさんも参加しました (上) 「足は元気の源」の講演で、トレーニングに取り組む女性学級のみなさん (下)
アルテリオ周辺の除草作業には、女性学級のみなさんも参加しました (上)
「足は元気の源」の講演で、トレーニングに取り組む女性学級のみなさん (下)

 下館地区女性学級は現在、下館・伊讃・川島・竹島・養蚕・五所・中・河間・大田・嘉田生崎の各地区10団体からなり、社会教育指導員のもと学習課題(年間20時間)に基づき、各地区の公民館で独自に活動を行っています。
また各地区の学級生たちが一同に会する中央集会も毎年開催しており、それぞれが交流を深めています。

 今年2月の中央集会では「心に響く読み聞かせ(坂本先生)」をテーマに、朗読とシンセサイザーの共演とユニークな講演となりました。

楽しい発声法の指導や心に染みる素敵な朗読と記憶に残るすばらしい集会となりました。

それぞれが計画を立て、活動

 下館地区女性学級は、30人を3班に分け、班ごとに計画を立て責任を持って活動しています。
 6月23日の女性学級「足は元気の源(稲野辺先生)」の講演では、“転ばないためには、これだけは毎日やろう”をテーマに筋肉トレーニング、ストレッチの指導後、学級生たちも実際に挑戦しました。「これから毎日少しずつ筋トレを心がけよう」「汗をかいて気持ちよかった」など学級生たちは笑顔で語り合っていました。

 一昨年より伝統文化に触れるをテーマに茶道(荒井先生)が始められたほか、年間計画とは別にクラブ活動として、今年は新たに大島(おおしま)美代子(みよこ)副委員長が中心となり、こころとからだのリフレッシュを目的にウォーキングクラブが発足したり、15年以上も続く華道(宮田先生)もあり、公民館での華道展も行っています。

 「歴史や地理、家庭生活、教育、社会活動、健康など学習課題はありますが、楽しい自主計画もあるんですよ。学級生が楽しみにしている移動研修や観劇、ボランティアなどもたくさん計画していければと思っています。これからの人生が楽しく、心豊かで健全な老後を迎えるため、一緒に活動しましょう」と小倉委員長は熱く語ってくれました。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは広報広聴課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎4階 

電話番号:0296-24-2172

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る