くらし・手続き

住民基本台帳カード

住民基本台帳カード(住基カード)とは…

 住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)の2次稼働に伴い、希望者に申請により交付されるカードで、Aタイプ(氏名のみ記載/写真なし)とBタイプ(住所、氏名、生年月日、性別を記載/写真付き)の2つがあります。どちらかを選択できます。
 カードにはICチップ(半導体集積回路)が組み込まれており、チップの中には住民票コードと本人が交付時に設定する暗証番号(数字4桁)が記録されます。
 カードの交付を受けると、住民票の広域交付や、転出転入の特例を受けることができるほか、顔写真入りのBタイプについては公的な身分証明書としても活用できます。
 有効期間は発行後10年ですが、住民票コードを変更したときなどは、カードは使用できなくなり、返納することになっております。また、市外へ転出されて、引き続き住基カードの利用をご希望の場合は、“継続利用”の手続きが必要になります。

 平成28年1月より個人番号カードの交付が開始するにあたり、現行の住民基本台帳カードの発行は平成27年12月14日をもって終了となります。平成28年1月以降に写真入りの公的な身分証明書をお求めになる場合、個人番号カードの申請をお願いいたします。

.
筑西市が発行する住基カードのイメージ
 
住民基本台帳カード   住民基本台帳カード
 
Aタイプ(左)  Bタイプ(右)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎1階 

電話番号:0296-24-2101

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る