観光・文化・スポーツ・学び

農産物

原発事故の影響により、県内産農産物の風評被害が出ていますが、筑西市産の農産物は『安心・安全』です。

大地の恵みと人の手の温もりが実るところ。
広大な平野と水に恵まれたつくば野は、新鮮味覚の宝庫です。

関東屈指の米処

関東屈指の米処 筑波山の裾野に広がる広々とした平野と、市内には数本の一級河川が流れる筑西市は、豊かな大地と水に恵まれ、県内でも有数の米処として知られています。
その生産・出荷高は県内トップクラス。
コシヒカリを中心に栽培が行われています。








関東屈指の米処 また、米を利用した米菓や、醸造製品、味噌、醤油などが昔ながらの製法を守られ今に受け継がれており、最近のナチュラル指向により、根強い人気を呼んでいます。
さらに一帯の商業と文化の中心として栄えた下館地区市街地には、文人達に愛された銘菓の老舗も数多く存在します。







常陸秋そば

常陸秋そば 夏には白い花が咲き、秋に収穫を迎える常陸秋そば。
筑西のそばは、その生産量だけでなく、香り・風味・甘味も良いのが特徴です。
市内のアグリショップでは、地粉を使ったそば粉の販売は勿論、ひきたて、打ちたての手打ちそばが味わえます。

 

常陸秋そば

関城の梨 筑西市は、国内有数の作付面積を誇る赤梨の大生産地です。
減農薬栽培と厳しい選果、伝統の栽培技術により、その美しさはひときわ、県の銘柄産地にも指定されています。
「幸水」「豊水」の人気品種と、大玉の「新高」が主な品種で、夏から秋にかけてが梨のベストシーズンです。最近では、「あきづき」「恵水」の生産にも取り組んでいます。

 

 

 

 

 

こだますいか

協和の紅こだますいか 冷蔵庫にもすっぽり収まってしまう小柄なすいか。
甘さとシャリシャリ感は、他産地のものとは一味違うと大好評です。
特に協和地区は国内でも有数のこだますいかの産地で、県の銘柄産地指定を受けています。



 

 

 

 

トマト、いちご、きゅうり
トマト
イチゴ
きゅうり
トマト
イチゴ
きゅうり
栄養価に優れた野菜としてお馴染みのトマト。
地元の「桃太郎」は特に大玉で糖度が高く、美味しいトマトとして高い人気があります。
11月~5月にかけて味わう事が出来ます。
たっぷりの甘味と爽やかな酸味が魅力で、レモンの約2倍のビタミンCを含みます。
形が良く、みずみずしい歯ごたえ。
特に冬から春にかけて採れるものは、銘柄産地の指定を受けており、味と品質は折り紙付です。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-20-1161

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る