1. ホーム>
  2. 観光・文化・スポーツ・学び>
  3. 文化財>
  4. 市指定文化財 -詳細->
  5. 佐藤英信の墓(さとうひでのぶのはか)

観光・文化・スポーツ・学び

佐藤英信の墓(さとうひでのぶのはか)

佐藤英信の墓

指定区分
市指定文化財(史跡)
指定年月日
昭和52年3月24日
所在地
岡芹地内
管理者
岡芹自治会
時代・時期
江戸時代
大きさ
高さ1.64m、厚さ24cm
員数
1

 

岡芹の月海山観喜院医王寺(廃寺)墓地北端の中央にあり、元禄3年(1690)竪者法印乗尊(医王寺住職)が供養のために建てた笠塔婆です。墓碑は小松石で、形もよく整っており元禄時代建立の様子を残しています。
佐藤英信は、佐藤継信(源義経の家臣、屋島の合戦で平能登守教経の矢を受け戦死)の子孫です。父祖の戦地視察のため諸国を廻り、永仁3年(1295)当地に足をとどめ、薬師堂を建て瑠璃光如来を安置しました。さらには医王寺を建立して、月海法印別当となり88歳でこの地で没しました。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-22-0183

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る