観光・文化・スポーツ・学び

下館城跡

指定区分
市指定文化財(史跡)
指定年月日
昭和51年6月28日
所在地
甲地内
時代・時期
江戸時代ほか

下館城は、文明10年(1478)結城家の客分であった水谷勝氏が初代城主として再建し3代勝之のとき完成、以来居城となりました。平城で濠を三重にめぐらし別名「螺城」ともいいました。寛永16年(1639)水谷氏が備中成羽に移封後、松平氏、在番22年を経て増山氏、黒田氏の治世後、享保17年(1732)石川総茂が伊勢国神戸より入封し、9代総管に至り明治維新となり明治2年版籍奉還上地により廃城となりました。
現在は二の丸東部(下館小学校)五行川沿いの崖、および本丸跡(八幡神社)付近にわずかに面影をとどめています。

下館城跡

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-22-0183

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る