1. ホーム>
  2. 観光・文化・スポーツ・学び>
  3. 文化財>
  4. 市指定文化財 -詳細->
  5. 下江連十二天遺跡(しもえづれじゅうにてんいせき)

観光・文化・スポーツ・学び

下江連十二天遺跡(しもえづれじゅうにてんいせき)

下江連十二天遺跡(しもえづれじゅうにてんいせき)
指定区分
市指定文化財(史跡)
指定年月日
昭和51年6月28日
所在地
下江連地内
管理者
個人
時代・時期
縄文時代ほか

下江連の十二天あたりは鬼怒川の流れに浸食された断崖ですが、もとは鬼怒川に突出していた台地(山林)でした。かつてはこの付近に数基の円墳があり、また付近からは縄文土器なども出土しています。現状は、畑地及び陸田となっています。昭和25年(1950)10月この砂岩層からナウマン象の大獣歯、大象牙化石が発見されました。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-22-0183

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る