1. ホーム>
  2. 観光・文化・スポーツ・学び>
  3. 文化財>
  4. 市指定文化財 -詳細->
  5. 女方古墳群[神明塚](おざかたこふんぐん)

観光・文化・スポーツ・学び

女方古墳群[神明塚](おざかたこふんぐん)

女方古墳群[神明塚](おざかたこふんぐん)
指定区分
市指定文化財(史跡)
指定年月日
昭和51年6月28日
所在地
女方地内
管理者
個人
時代・時期
古墳時代
員数
1基

神明塚は、女方古墳群の1つで円墳と思われ、頂上に神明社と稲荷社が祀られています。
女方地区一帯は、縄文・弥生時代からの大規模な集落地であったと推定され、神明塚、猫塚、弁天塚、日月塚、十二天塚、八幡塚など女方48塚と呼ばれる古墳が散在していましたが、現存するのは神明塚、猫塚、弁天塚の3基のみです。日本大学考古学会が昭和27年、28年にかけて、女方古墳群のうち日月塚古墳、藤の越古墳など円墳3基の発掘調査を行い、藤の越古墳の横穴式石室より人骨及び鉄器片、墳丘をとりまく埴輪列より円筒14、馬2、人物7体分の埴輪を発見しました。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-22-0183

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る