1. ホーム>
  2. 観光・文化・スポーツ・学び>
  3. 文化財>
  4. 市指定文化財 -詳細->
  5. 木造天部形立像(もくぞうてんぶぎょうりゅうぞう)

観光・文化・スポーツ・学び

木造天部形立像(もくぞうてんぶぎょうりゅうぞう)

指定区分
市指定文化財(彫刻)
指定年月日
平成元年11月1日
所在地
知行地内
管理者
日英寺
時代・時期
江戸時代
大きさ
像高32センチメートル
員数
1躯

一木造り、全体は古色で、瞼を刳って玉眼とする。
鬼子母神の像容の多くは、天女形に造られるのを常とするが、本像は鬼神形で、右手に吉祥果(きっしょうか)(桃)の枝をとり、左手で唐子風の童子を引いています。忿怒(ふんぬ)相の面貌(めんぼう)、奔放(ほんぽう)な衣の表現など、近世欄間(らんま)彫刻に見られるような系統の作で、制作年代は江戸時代中頃と思われます。

木造鬼子母神立像(もくぞうきしぼじんりゅうぞう)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-22-0183

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る