1. ホーム>
  2. 観光・文化・スポーツ・学び>
  3. 文化財>
  4. 市指定文化財 -詳細->
  5. 木造十一面観音立像(もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう)

観光・文化・スポーツ・学び

木造十一面観音立像(もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう)

指定区分
市指定文化財(彫刻)
指定年月日
平成3年3月28日
所在地
五所宮地内
管理者
五所神社
時代・時期
室町時代
大きさ
像高37.8cm
員数
1躯

頭頂に仏面、地髪上に十一面を配し、天冠台を表わし、右肩、右腕に偏衫(へんさん)をかけ、衲衣(のうえ)は左肩を覆い右肩に少しかかります。左手は屈臂(くっぴ)して水瓶をとり、右手は垂下して軽く曲げ、掌を前にして全指をのばしています。裙をつけ、両足を揃えて岩座上に立ちます。観音菩薩ながら偏衫、衲衣という如来形の服制をみせるところなど、本像は本地仏(ほんじぶつ)として制作されたと考えられる貴重な遺品です。作風から制作年代は室町時代、15世紀ごろと思われます。

木造十一面観音立像(もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-22-0183

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る