1. ホーム>
  2. 観光・文化・スポーツ・学び>
  3. 文化財>
  4. 市指定文化財 -詳細->
  5. 銅造観世音菩薩立像(どうぞうかんぜおんぼさつりゅうぞう)

観光・文化・スポーツ・学び

銅造観世音菩薩立像(どうぞうかんぜおんぼさつりゅうぞう)

指定区分
市指定文化財(彫刻)
指定年月日
昭和55年3月28日
管理者
個人
時代・時期
平安時代後半
大きさ
像高6.6センチメートル
員数
1躯

本体・台座ともに一鋳され、やや大きな頭部で、上半身をそらせ、下半身を突き出す容姿をしています。
本像は、小栗判官公の御守本尊と伝えられています。記録によれば、判官の末孫、小栗外記という人が先祖より判官の秘仏として代々相伝えてきたもので、元文元年(1736)11月、大関東具を仲に立て、小栗氏の菩提寺と伝えられる太陽寺(現;廃寺)に奉納したもので、以後33年毎に御開帳をしてきたといわれています。

銅造観世音菩薩立像(どうぞうかんぜおんぼさつりゅうぞう)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-22-0183

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る