1. ホーム>
  2. 観光・文化・スポーツ・学び>
  3. 文化財>
  4. 市指定文化財 -詳細->
  5. 聖観世音菩薩立像(しょうかんぜおんぼさつりゅうぞう)

観光・文化・スポーツ・学び

聖観世音菩薩立像(しょうかんぜおんぼさつりゅうぞう)

指定区分
市指定文化財(彫刻)
指定年月日
昭和54年3月1日
所在地
小栗地内
管理者
西光寺
時代・時期
江戸時代
大きさ
像高158センチメートル
員数
1躯

土型原型による前後の割型で鋳造され、台座は蓮肉、反花、框座まで一鋳されたものです。
台座の刻文によると、享保2年(1717)に光明山第23世中興阿了呑大和尚の徳をたたえ、あわせて三界萬霊を弔うため、第24世良湛和尚がこれを造ったとあります。また、境内に炉をかまえ、古銭を集めて鋳造したとも記されています。

聖観世音菩薩立像(しょうかんぜおんぼさつりゅうぞう)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-22-0183

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る