1. ホーム>
  2. 観光・文化・スポーツ・学び>
  3. 文化財>
  4. 市指定文化財 -詳細->
  5. 絹本著色馬形護法童子像(けんぽんちゃくしょくばけいごほうどうじぞう)

観光・文化・スポーツ・学び

絹本著色馬形護法童子像(けんぽんちゃくしょくばけいごほうどうじぞう)

指定区分
市指定文化財(絵画)
指定年月日
昭和59年3月19日
所在地
黒子地内
管理者
千妙寺
時代・時期
鎌倉時代
大きさ
縦58.4cm、横33.3cm
員数
1幅

激しい火炎を負って右手に宝棒を執り、白馬にまたがる炎髪忿怒形の赤童子像で、珍しい図像です。
経典の根拠はよくわかっていませんが、千妙寺にとって貴重なものと伝えられています。
馬は、打込みの強い肥痩線で、童子の朱と馬の白がよく対象の妙をみせ、総体的に伝統的技法を守った精緻な作風で、制作年代からしても貴重な作例です。

絹本著色馬形護法童子像(けんぽんちゃくしょくばけいごほうどうじぞう)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-22-0183

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る