1. ホーム>
  2. 観光・文化・スポーツ・学び>
  3. 文化財>
  4. 市指定文化財 -詳細->
  5. 絹本著色刀八毘沙門天星宿像(けんぽんちゃくしょくとうばちびしゃもんてんせいしゅくぞう)

観光・文化・スポーツ・学び

絹本著色刀八毘沙門天星宿像(けんぽんちゃくしょくとうばちびしゃもんてんせいしゅくぞう)

指定区分
市指定文化財(絵画)
指定年月日
昭和59年3月19日
所在地
黒子地内
管理者
千妙寺
時代・時期
南北朝時代
大きさ
縦79.0cm、横37.4cm
員数
1幅

寺伝に「刀八毘沙門」といわれているもので、形状は掛軸装、二邪気(じゃき)を踏んで立つ武装忿怒(ふんぬ)形に表わし、二脇侍像を左右に従えています。像上には円相内に九曜を表わし上部に北斗七星を描いているたいへん珍しい作品です。
刀八毘沙門天は西域兜跋国(とばつこく)に化現したと伝えられる毘沙門天の異形像であり兜跋毘沙門天とも呼ばれ、後世に刀八と称されるようになったものともいわれています。

絹本著色刀八毘沙門天星宿像(けんぽんちゃくしょくとうばちびしゃもんてんせいしゅくぞう)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-22-0183

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る