1. ホーム>
  2. 観光・文化・スポーツ・学び>
  3. 文化財>
  4. 市指定文化財 -詳細->
  5. 宮山観音堂(みややまかんのんどう)

観光・文化・スポーツ・学び

宮山観音堂(みややまかんのんどう)

宮山観音堂(みややまかんのんどう)
指定区分
市指定文化財(建造物)
指定年月日
平成14年11月15日
所在地
宮山地内
管理者
宮山集落
時代・時期
江戸時代
大きさ
寄棟造、向拝1間、
桁行3間、梁間3間
員数
1棟

棟札によれば、享保8年(1723)の上棟です。大工棟梁は、笠間箱田村の藤田孫平次とあり、同人の名は小山寺(桜川市)楼門の享保17年の棟札に大工棟梁として見え、また、新勝寺(成田市)三重塔の宝永8年(1711)の心柱墨書にも棟梁の次に見えます。
大正9年に屋根葺替が行われ、昭和48年に茅葺の上に鉄板が被せられました。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-22-0183

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る