1. ホーム>
  2. 観光・文化・スポーツ・学び>
  3. 文化財>
  4. 市指定文化財 -詳細->
  5. 徳聖寺山門(とくしょうじさんもん)

観光・文化・スポーツ・学び

徳聖寺山門(とくしょうじさんもん)

徳聖寺山門(とくしょうじさんもん)
指定区分
市指定文化財(建造物)
指定年月日
昭和60年5月17日
所在地
小栗地内
管理者
徳聖寺
時代・時期
江戸時代
大きさ
間口2間、奥行き2.3間
員数
1棟

鐘楼堂を兼ねた山門で、6脚による建築様式は数少なく、貴重です。
徳聖寺が現在地に堂宇を建立した文政年間頃に、同時に建てられたものと思われます。
屋根は、もともと草葺きでしたが、大正7~8年ころに瓦葺きに切り替えたということです。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-22-0183

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る