観光・文化・スポーツ・学び

船玉古墳(ふなだまこふん)

船玉古墳(ふなだまこふん)
指定区分
県指定文化財(史跡)
指定年月日
昭和8年7月4日
所在地
船玉地内
管理者
筑西市
時代・時期
古墳時代末期
大きさ
一辺約35m、高さ約4mの方墳
員数
1基

鬼怒川の左岸の河岸段丘上に立地し、現況は、墳丘上に船玉神社が鎮座しています。この神社の参道、石段脇に横穴式石室が南面して開口しています。
横穴式石室は、羨道(せんどう)部、前室(ぜんしつ)、玄室(げんしつ)からなり、羨道部から玄室までの全長は約11.5mを測ります。石材は、雲母片岩の板石で、県下でも最大規模の巨石が用いられています。
当古墳は、古くから石室が開口しており、また、玄室の奥壁と西壁とに壁画が描かれていることから、明治時代には鳥居龍蔵らによって調査・報告もなされています。赤や白の顔料でもって、靱(ゆぎ)と思われる武具や円文、舟などが描かれていたといわれていますが、永い間の開口とともに、その内容は不明となってしまいました。

船玉古墳(ふなだまこふん) 船玉古墳(ふなだまこふん)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-22-0183

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る