1. ホーム>
  2. 観光・文化・スポーツ・学び>
  3. 文化財>
  4. 県指定文化財 -詳細->
  5. 絹本著色両界曼荼羅図(けんぽんちゃくしょくりょうかいまんだらず)

観光・文化・スポーツ・学び

絹本著色両界曼荼羅図(けんぽんちゃくしょくりょうかいまんだらず)

指定区分
県指定文化財(絵画)
指定年月日
昭和57年3月4日
所在地
桑山地内
管理者
神宮寺
時代・時期
室町時代
大きさ
縦93センチメートル、横79.7センチメートル
員数
2幅

真言宗の根本思想を「金剛界曼荼羅(こんごうかいまんだら)」「胎蔵界曼荼羅(たいぞうかいまんだら)」の2幅に表したもので、密教の教えの本質を説き示す両界曼荼羅は、金剛界曼荼羅と胎蔵界曼荼羅の2つの世界が一体となって成立します。いずれも大日如来を中心としますが、仏・菩薩・天部・明王を一定の法式で配列し、金剛界曼荼羅は「智の世界」を、胎蔵界曼荼羅は「理の世界」を表現します。
制作年代は、室町時代前期と思われ、水戸市の六地蔵寺本と同じ頃のものとして注目されています。

金剛界曼荼羅図
胎蔵界曼荼羅図
金剛界曼荼羅図
胎蔵界曼荼羅図
スマートフォン用ページで見る