観光・文化・スポーツ・学び

絵馬(羽黒神社)

指定区分
県指定文化財(絵画)
指定年月日
昭和38年8月23日
所在地
甲地内
管理者
羽黒神社
時代・時期
江戸時代
大きさ
縦98㎝,横130㎝
員数
1枚

寛永15年(1638)の作で、木造檜材に金箔を押し、その中に彩色の馬が描かれています。水谷家第8代勝隆の子勝宗(備中松山城第2代城主)の武運長久を祈願して、家老鶴見内蔵助忠俊が羽黒神社に奉納したもので、上羽黒神社の絵馬と一対になる繋馬図です。額面上部及び左側に「勝宗息災延命御武運御長久御守護 寛永15年戊寅卯月吉日願主鶴見内蔵助忠俊敬白」とあります。鶴見内蔵助忠俊は、備中松山移封の後、元禄6年(1693)11月27日嗣子がなく水谷家断絶の際、備中松山城を明け渡した名家老です。

絵馬(羽黒神社)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-22-0183

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る