1. ホーム>
  2. 観光・文化・スポーツ・学び>
  3. 文化財>
  4. 県指定文化財 -詳細->
  5. 羽黒神社本殿(附棟札1枚)(はぐろじんじゃほんでん)

観光・文化・スポーツ・学び

羽黒神社本殿(附棟札1枚)(はぐろじんじゃほんでん)

指定区分
県指定文化財(建造物)
指定年月日
平成14年1月25日
所在地
甲地内
管理者
羽黒神社
時代・時期
江戸時代
員数
1棟

羽黒神社は、文明13年(1481)下館城主の水谷家初代勝氏が、領内安堵のため日ごろ尊崇する出羽国(山形県)羽黒大神を勧請したもので、現在の本殿は、欅一部檜材彩色一間社流造(いっけんしゃながれづくり)で桃山風の建築様式を備えています。
享保15年(1730)の修復棟札によると、寛永11年(1634)に建立し、享保15年修復のとき本殿を銅板葺とし、その際部分的に新材を用い同年10月に竣工しました。

羽黒神社本殿(附棟札1枚)(はぐろじんじゃほんでん) 羽黒神社本殿(附棟札1枚)(はぐろじんじゃほんでん)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課です。

〒308-8616 筑西市丙360番地 本庁舎3階 

電話番号:0296-22-0183

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る